不動産屋の囲い込みを防止する一般媒介という選択肢

悪徳不動産屋の悪い手口である、「囲い込み」は最近、知られるようになってきた。

囲い込みは、不動産屋が仲介手数料を効率良く稼ぐための手段だ。

普通、不動産が売り出されると、売却を依頼された業者はレインズに登録して、ほかの業者からもお客様を受け入れる。

一つの業者で買主を探すより、近隣の業者からも紹介してもらったほうが簡単に買主が見つかるからだ。

この「みんなで客付けする」ために不動産業界はレインズ(指定流通機構)をつくり、法整備(宅地建物取引業法)までした。

しかし、囲い込みは、ほかの業者に客付けさせない。
自分の会社だけで買主を探すため、売主に内緒で他社の紹介を勝手に断る。

自社で買主も見つければ、売主だけでなく、買主からも仲介手数料を稼げるため、2倍近い報酬を得ることができるのだ。
無理矢理、自社の買主で決めようとするから、売却価格を下げさせて割安物件に仕立てる。割を食うのは売主だ。

不動産屋の囲い込みは一般媒介で防止することができる
専任媒介だから囲い込まれる。一般媒介であれば、そもそも囲い込みをされる心配はない。
【参考】不動産屋の囲い込みを完璧に防止する一般媒介

専任媒介は古い。これからは一般媒介が普及して、スタンダードな媒介契約になっていくだろう。

不動産業界の健全化、悪徳不動産屋や、競争力のない業者は淘汰される時代だ。

家の査定の申し込みをする業者さんは、本当に売却の申請をする可能性があるということを押さえながら、3社以内に絞り込めばいいと考えます。
エリアとか希望査定方法等々の必要情報を1回打ち込むことで、登録されている不動産会社から、不動産売却査定金額を教えてもらえる「一括査定サービス」については知っていますか?
土地の売却を計画中の人が、今一番知りたいことは「この土地はいくらだったら買い手がつくのか?」だと考えます。このような場合に使えるのが、土地無料査定でしょう。
長期間一緒の物件であるマンション売却の募集をかけている状況だと、「これは誰も振り向かない物件だと考えられる!」と思われるリスクがあります。この様な状況になるより先に売り払ってしまうことも必須です。
軽々とどちらが満足できると言えるわけもありませんが、マンション査定のお願いをするという段階では、大手と中小零細の双方の業者に連絡を取ることが大切です。

「予定外に大きなお金が要るようになったので、土地を売却せざるを得なくなった」という様なケースなら、一括で複数の不動産関連会社に土地無料査定を申し込んだら、難なく買取業者が探せること請け合いです。
不動産買取だとしたら、不動産業者が直でお金を支払ってくれることになります。簡単に言うと、あなたがかわいがっていた車を車買取業者に売却するというイメージだということです。
不動産売買で家を手放すなら、大事な思い出が溢れるほどの住居を継いでくれて、大事にしながら住み続けていただける人に買って貰いたいと切望しています。
マンション査定を実施してもらう際、大体は不動産業者にコンタクトを取るはずです。そのタイミングで申請すると、不動産業者のセールスマンが売却する予定の自宅マンションを見に来るという流れです。
同じマンションに住んでいる人が、「このマンションは、思いのほか査定額が高めだ!」と発していたので、興味津々で、マンション査定を頼んでみましたら、確かに高い査定となりました。

ネット完結のマンション無料査定を実施すれば、手軽で、オマケに料金0円で正当な見積もりを弾き出してくれるから、滅茶苦茶参考になります。
相場より高額で買い取ってもらうには、マンション売却の意思が固まったら、最初にできる限り多めの業者さんで査定の申し込みをすることが不可欠です。このようにすることで業者毎の心積もりが判別できます。
事実上の売却額は、不動産一括査定サイトを有効利用して提示された査定額の8~9割位だと、不動産業界では言われているわけです。
不動産というのは、誰にとりましても価値ある資産だと断言できます。従いまして不動産売却の計画があるなら、きちんと準備をしたり考察に考察を重ねた上で、間違いのない決断をしてください。
マンション売却マンション売却と言いますのは、買取業者にお願いしなくても可能ではあります。だけど、これには長所と短所があるわけです。じっくりと考察するなりして、あなたにピッタリの方法を選ぶようにしましょう。

コメント