不動産屋の囲い込みを防止する一般媒介という選択肢

悪徳不動産屋の悪い手口である、「囲い込み」は最近、知られるようになってきた。

囲い込みは、不動産屋が仲介手数料を効率良く稼ぐための手段だ。

普通、不動産が売り出されると、売却を依頼された業者はレインズに登録して、ほかの業者からもお客様を受け入れる。

一つの業者で買主を探すより、近隣の業者からも紹介してもらったほうが簡単に買主が見つかるからだ。

この「みんなで客付けする」ために不動産業界はレインズ(指定流通機構)をつくり、法整備(宅地建物取引業法)までした。

しかし、囲い込みは、ほかの業者に客付けさせない。
自分の会社だけで買主を探すため、売主に内緒で他社の紹介を勝手に断る。

自社で買主も見つければ、売主だけでなく、買主からも仲介手数料を稼げるため、2倍近い報酬を得ることができるのだ。
無理矢理、自社の買主で決めようとするから、売却価格を下げさせて割安物件に仕立てる。割を食うのは売主だ。

不動産屋の囲い込みは一般媒介で防止することができる
専任媒介だから囲い込まれる。一般媒介であれば、そもそも囲い込みをされる心配はない。
【参考】不動産屋の囲い込みを完璧に防止する一般媒介

専任媒介は古い。これからは一般媒介が普及して、スタンダードな媒介契約になっていくだろう。

不動産業界の健全化、悪徳不動産屋や、競争力のない業者は淘汰される時代だ。

コメント